ハンディ炊飯器

サンコー 蒸気で炊く! お一人様用ハンディ炊飯器


白米至上主義とまで言わないまでも、わたくし米が大好きでございます。


この宣言をしただけで完全に食いしん坊認定されそうですが・・・否定はしません(笑。


個人的に炊飯器で果敢にいろいろな炊飯にチャレンジしており、かつそれ自体に喜びを覚えているわたくし。


ふむ・・・またしてもサンコーはやってくれました。





「蒸気で炊く!お一人様用ハンディ炊飯器」(約5,000円)。

handysuihanki1.png



お茶碗1〜2杯分のご飯が炊けるポータブル炊飯器だと謳うこの商品(最大約0.65合=約120m=約230g大盛相当×2)。


これって・・・つまりは言い換えると、インドア用の飯ごうってことですよね?笑


お弁当サイズと謳っておりますが、たぶんこのサイズのお弁当を持っていると確実に食いしん坊だと思われるサイズかと(サイズ:幅(225)×奥行き(135)×高さ(155)ミリ)。


専用の炊飯台があり、フタ付きの陶器製の茶碗が2つ。


炊飯したことがある人ならやり方は簡単。


電源ケーブルをコンセントにさし込み、といだお米をお茶碗に入れて、炊飯用の水も投入(ここで20分浸す必要あり)、蓋を締めてフックでロック、電源スイッチをポチッとな。


約50分後、電源ランプが消え炊飯が終わり、20分蒸らして完成(合計1時間半かかる!!)。




しかーーーーーし!!!ここで注意事項が!!


これは先にも触れましたが「蒸気で炊く」というのが特徴なため、お茶碗に水を入れるだけでなく、炊飯台自体にも水を入れる必要があります(160ml)。


これは「蒸らし」の際に必要な蒸気用の水になるわけですね。


あと保温機能はないので炊き上がったら冷めないうちに召し上がれ。


ここまでで正直あまりピンとこないというか、魅力がイマイチ伝わらないという方もいることでしょう。



チッチッチッ!


よく考えてくださいよ、おひとりさま用と言っているわりには「お茶碗2杯分」が炊けることになっていますよね。


炊飯用のお茶碗が2つあるわけですが、これ、片方でおかずの温めが出来れば最高じゃないですか!?


実際にメーカー推奨では、みそ汁、カレー、ゆで卵、温野菜などとなっております。


確かにこれならまるで作り立てのランチをその場で再現できるという優れものなアイテムに大変身ですね!


普通にスーパーやコンビニの調理済惣菜のパウチなどもこの容器に移すだけで簡単に出来るらしいですよ。


会社で注目されたい人は、自席でごはんを焚いて周りに出来立てランチをアピールしちゃいましょう!!