ドクターエア 3DアイマジックS EM-03

ドクターエア 3DアイマジックS EM-03


目の疲れは体の疲れに通ず・・・。


ちょっと名言に乗っかってそれっぽいことを言ってしまいましたが、意味、分かりますよね?


目の疲れは、頭痛、肩こりや腰痛、腱鞘炎、ふくらはぎの張りなどを引き起こす要因になるんです(注意、これは私見です)。


そんなわたくし自身、毎日パソコンの前で仕事しているので、体が悲鳴を上げている感覚を毎日感じています。


普段、いろいろなことを自身の体に強いているので、たまには労わってあげないといけないですよね。


ここは最新の有能なアイテムでしっかりと目の疲労を取り、絶好調ボディを取り戻したいと思います!


エアバッグによる加圧や、ヒーター熱での温め、バイブの刺激などにより、目をケアしてくれる「3DアイマジックS」。


まるでVRゴーグルな感じで未来感があって興奮しますね。


まるでVRゴーグルな感じなので勘違いしてしまいますが、目元部分に穴があり、本体は半透明のフロント構造となっているので、サングラスをかけたような状態で、ちゃんと周りが見渡せるようになっています。


あまりに疲れているからといって、幻の映像が見えているわけではないですからね!


なので、装着しながらTVを見たり、本を読んだりと、普通に「ながら使い」が可能です。


操作ボタンは4つ。


POWER/MODEボタンは、起動及びヒーターやバイブレーションなどのモードの切替。


その横の音量ボタン(+/-)は、本体から流れるヒーリング音のボリュームを調整(5段階調節)。


さらにその横のペアリングボタンは、スマホとの連携を可能にするBluetooth。


スマホの曲を本体経由でヒーリング音として使えるんです。


これはかなり有能な機能ですよね!


重量は約380g。


顔に触れる部分は、抗菌加工素材。


充電は、約2時間ほどで満タンになり、約60分間使えます(付属のACアダプターを使用)。


カラーはブラックとホワイトの2色。


さきほども言いましたが、このアイテムのキモは、「自分の好きな音楽を取り込んで聴きながら目のケア(加圧、温熱、バイブ)が出来る」ということだと思うんですよね。


それくらい音によるリラックス効果は絶大だと思います。


ふむ、これは良き哉!