Hamic BEAR

Hamic BEAR

halmc.png


HAMEEから発売されている「Hamic BEAR」です。


「Hamic BEAR」はスマートフォンを持たないお子さんのためのメッセージロボットです。


お互いに「Hamic BEAR」を持っていればロボットを通じてメッセージのやりとりができます。


保護者の方はそれを設定したスマートフォンで、こっそりと見守れるので安心です。


使い方としては「Hamic BEAR」に話しかけて音声メッセージを送るか、専用アプリから「Hamic BEAR」へメッセージを送るのが主になります。


「Hamic BEAR」のお腹にはセンサーが付いていて、メッセージが来ている時に近くを通りかかるとお知らせしてくれます。


小さなお子さんにスマートフォンを持たせるのは、様々な面で心配な部分がありますが「Hamic BEAR」でのやりとりであれば、保護者の方が内容を把握できるので安心です。


スマートフォンと比べて機能が制限されていますが、メッセージのやりとりを練習するにはもってこいのアイテムです。


今の時代スマートフォンを持たせるのは心配でも、メッセージのやりとりでいろんな人とのつながりを持って欲しいという方は多いと思います。


そんな時はまず「Hamic BEAR」で練習するのがおすすめです。

究極のMYO

究極のMYO

今回ご紹介するのはタカラトミーアーツから発売されている「究極のMYO」です。





食卓に欠かせない調味料のマヨネーズ。市販のマヨネーズで済ませることがほとんどだと思います。

市販のマヨネーズももちろん美味しいのですが、もう少し風味や食感が違ったら良いのにと思ったことはありませんか?


そんな方におすすめしたいのが「究極のMYO」です。

自宅で簡単にふわふわのオリジナルマヨネーズが作れるアイテムです。

使い方はとても簡単で、卵を割って黄味と白身を分離させ、塩・コショウ・酢を入れ、食用油を入れて混ぜ、白身で作ったメレンゲとさらに混ぜれば完成です。


工程のほとんどが「究極のMYO」で完結できるのでとても簡単です。

攪拌時間によって食感を変えられるので、自分好みのオリジナルマヨネーズが作れます。

塩・コショウ・酢を入れる際に自分ならではの隠し味を見つけるのも楽しみの一つです。

わさびや明太子など他の食材と合わせれば、また新たなマヨネーズを開発できるので、より料理の幅が広がります。

市販のマヨネーズでは味わえないふわふわ感を味わえる「究極のMYO」。


市販のマヨネーズに飽きてしまった方はぜひ、「究極のMYO」でマヨネーズ本来の味をお楽しみください。

ティファール 電気圧力鍋 Cook4me クックフォーミー

電気圧力鍋のCook4me(クックフォーミー)の時短調理がスゴイ! 

誰でもプロのシェフになれる!?

ティファールが出している電気圧力鍋「Cook4me(クックフォーミー)」をご存知ですか?


電動の圧力鍋に自動調理機能を付けた調理器具で、圧力調理だけでなく、簡単に「蒸す」「炒める」「煮込む」もこなしてしまう万能調理器具です。

このCook4meが今、主婦を中心に時短家電として話題となっています。




そこで今回、Cook4meについて調べてみました。


・そもそもCook4meって?

 Cook4meは、2015年にT-falから発売されました。

 「圧力調理」「蒸す」「炒める」「煮込む」ができると話題になったのですが、最初は通販などに限定してテスト販売しています。

 そこから口コミでうわさが広まり、2016年には全国販売を始めた当初は売り切れが続出です。


・特徴は?

一つの調理器具で「圧力調理」「蒸す」「炒める」「煮込む」を行うことができるのが、最大の特徴です。

材料を入れてボタンを押すだけで、お好みの調理が可能です。

さらに、60種類以上のレシピをマシンに搭載。

材料さえ用意すれば、調理の順番が表示されたフロントディスプレイに従うだけで簡単に料理が完成します。


料理が苦手な方でも簡単においしい料理が作れるうれしい機能ですね。

また、圧力調理のため、時間のかかる料理もあっという間に出来上がります。

これで一気に作って、作り置き(冷凍保存)なんてこともできるため、小さい子供を持つ主婦はもちろん、節約のために自炊、お弁当を作りたい(作っている)一人暮らしの社会人のユーザーも増えているようです。

そんなCook4meの公式サイトでは、みんなのレシピを集め、公開しています。


tfalcook4memenu.png

これがまたどれもこれもおいしそう!

しかも簡単にできるとあって、見ているだけでCook4meが欲しくなってしまいます!

これなら料理したことがないお父さんでも、おいしい料理が作れますし、家族サービスにいいかもしれませんね!?